あぼかどブログ > 本・小説 > ホラーサスペンス大賞「リカ」の続編小説「リターン」を読んで

ホラーサスペンス大賞「リカ」の続編小説「リターン」を読んで

以前に読んで、とにかく恐ろしかった小説「リカ」。
作者の五十嵐貴久のデビュー作で、第2回ホラーサスペンス大賞の小説。
発表から10年経過し・・・

リターン
リカの続編、リターンが発売されていることを知りました。
さっそく読んでみたのでレビューです。
ネタバレは、(できるだけ)しません。

リターン(五十嵐貴久)

リターン(五十嵐貴久)
高尾で発見された手足がない死体、
それは、10年前に狂気のストーカー・リカに拉致された本間だった。

 

リターンを読む前に見たあらすじの一文はこうでした。

小説を読んでみると、リカの裏表紙に記されていた
『単行本未発表の衝撃のエピローグがついた完全版』
これありきのリターンへのつなぎです。

主人公は、リカに登場していた菅原刑事の後輩の梅本刑事。
菅原刑事はリカの狂気を目の当たりにして発狂し、10年間物言わぬ廃人の状態。

ある日、本間の死体が発見されたことにより、
警察がリカの行方を再び追い始め、捜査が難航する中、新たな殺人が・・・って展開。

この本間の死体、前作のリカで両手両足を切断された上に
両眼をくりぬかれ、耳、鼻、舌も切断して体を持ち去っています。
が、現場に残された手足の生体反応から、本間は生きているとの予想。

そしてリターンではその後10年間、実際に生き続けていたことが明らかになります。
死因は殺害ではなく、食べ物を喉に詰まらせたことによる窒息死。
事件ではなく、事故・・・うぅ~気持ちが悪い・・・

が、読み進めていくにしたがって、何かホラーっぽくないなぁと思っていましたが

 

『見いつけた』

 

の一言あたりから一気にホラーテイスト。
結局、リカの時ほどのテラー的な怖さは感じなかったけど、
事件が解決した後のエピローグ、最後の2ページだけ変にゾワッときました。

先にも書きましたが、リカのエピローグがあってのリターンへのつなぎ。
個人的には、リカのエピローグ前の


「菅原さん」



「遅かったようです」



鍵が回る音がした。


このくだりで終わってた方が恐怖の印象が強かったような気が。
もちろんリターンもそこそこ面白かったけど。

もう一つ、
10年の時を経て、リカの続編「リターン」が発表されたことによって
これR15指定とかで映画化されると勝手に予想しています。

 

この記事を書いているときに、ウチの犬が急に吠えるもんだから、ビクッとした。
恐怖系の本とか映像を見た後って、神経がか細くなってるなぁ。

 

<追記>
予測は外れ、R15指定の映画ではなく高岡早紀主演のドラマ化となりました。

ドラマ「リカ」
恐怖のホラー小説「リカ」のドラマ化が決定!

まだ第1話を見ただけですが、小説を読んだ時のリカが最初に姿を見せるシーンのゾワッとくる恐怖感を考えると・・・今のところ何も感じませんな。
今後に期待期待。

 

【前後の記事】
«
 
»
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です