あぼかどブログ > アニメ/マンガ > おおきく振りかぶってレビュー&夏の大会編の名場面

おおきく振りかぶってレビュー&夏の大会編の名場面

大きく振りかぶって

ベタですが、高校野球を題材にした作品です。
このマンガのすごいところは、戦術から配球、メンタル面までとにかく細かい。
ここまで細かい描写の野球マンガは他では読んだことがありません。
野球が大好きという人に是非オススメしたい作品で、個人的にも野球マンガとしてはこれが一番好きです。派手な逆転サヨナラホームランなんかが出ないところも、心をくすぐられます。

ひとつだけ残念なのは、絵としてのキャラが立っていないことでしょうか。
絵が下手という意味ではなく、キャラのバリエーションが少なく感じて「あれ?これ誰だっけ?」と思うことがしばしばあります。

==========================
<おおきく振りかぶってのストーリー(Wikiより拝借)>
主人公の三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。
その暗い思い出を拭うために埼玉県の西浦高校へと進学する。
西浦高校には、発足したての野球部(正確には軟式野球部が硬式野球部になった)があり、部員は新入生ばかり10人。しかも監督は、若い女性という部活だった。
部員不足の野球部で、三橋はまたもエースを任せられるが……。
個性の強い部員達、弱気で自虐的なエース等々、様々な問題を抱えながらも、人間として、野球部としての成長を描く。
==========================

「大きく振りかぶって」はアニメ化されていますが、試合の臨場感が素晴らしいです。
応援団の演奏とか聞いていると、リアルに近いものを再現しようというこだわりを感じます。

夏の大会編より。地区予選1回戦「対桐青戦」
昨年甲子園出場の桐青から1点のリードのまま最終回の守備。
キャプテン花井の言葉が胸にジーンときます。


【前後の記事】
«
 
»
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です