あぼかどブログ > 野球/スポーツ/格闘技 > 大阪桐蔭vs仙台育英の結末を見て、両校かわいそうと思った件

大阪桐蔭vs仙台育英の結末を見て、両校かわいそうと思った件

2017年の夏の高校野球は、花咲徳栄の優勝で幕を閉じました。

注目された清宮君の早稲田実業、安田君の履正社が予選で敗退してしまったので若干盛り上がりに欠けると思っていたけれど、終わってみるとHR数の大会記録や個人記録等、記録づくめの面白い大会でした。

今大会で印象深かった試合の一つが、3回戦の大阪桐蔭vs仙台育英戦。

2アウトランナー無しからサヨナラ勝ちした仙台育英。
後にネット上で大問題になっていることを知り、「両校ともかわいそう・・・」と思ったのでした。

2017年夏の高校野球「大阪桐蔭vs仙台育英」

この試合、随所にしか見ていなかったけど、翌日にネットで大問題になったことを知りました。

7回裏、ツーアウトランナー無し、仙台育英のバッターはショートゴロ。

大阪桐蔭vs仙台育英1
大阪桐蔭vs仙台育英2
大阪桐蔭vs仙台育英3
ランナーが思いっきりファーストの足を蹴っちゃってる。
故意ではないだろうけど、これはヒドイ。
侍ジャイアンツとか、アパッチ野球軍を思い出した。

次の試合で仙台育英の当事者の選手は出場しなかった(させなかった)というし・・・トラウマになってしまうだろうなぁ。

蹴られてしまったファーストと負けちゃった大阪桐蔭。
蹴ってしまった選手と、叩かれまくっている仙台育英。

何か後味が悪くて、両校ともかわいそうと思ってしまった。

問題となったプレーの動画(↓)

【前後の記事】
«
 
»
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です