あぼかどブログ > 本・小説 > ストーカー小説「ラバーソウル」前提を全て覆す予想外の結末に

ストーカー小説「ラバーソウル」前提を全て覆す予想外の結末に

怖い小説を読みたいと思って辿り着いた
井上夢人著「ラバーソウル」
井上夢人さんのラバーソウル。狂気のストーカーの小説らしい。

今までに読んだストーカーの小説で、とにかく怖かったのが「RIKA」。
こちらは単なるストーカーを超えた怪物っぷりに背筋が凍りましたが、
ラバーソウルはどうだったか?
600ページ近くある長~い小説を読み終えた感想です。

井上夢人著「ラバーソウル」(amazonの内容紹介)

ラバーソウルの感想
幼い頃から友だちがいたことはなかった。
両親からも顔をそむけられていた。
36年間女性にも無縁だった。
何度も自殺を試みた―
そんな鈴木誠と社会の唯一の繋がりは、洋楽専門誌でのマニアをも唸らせる
ビートルズ評論だった。
その撮影で、鈴木は美しきモデル、美縞絵里と出会う。
心が震える、衝撃のサスペンス。

ラバーソウルの感想

醜い容姿のコンプレックスから、人前に姿を見せることに恐怖を怯え、
自宅に引きこもった生活を送る鈴木誠。

実家は資産家だが両親からは愛されず、唯一心を許しているのが
何十年も鈴木家に仕える金山。
その金山が手足となって、鈴木誠の世話をしている、というのが背景。

ある日、鈴木誠が記事を書いている雑誌の編集者から撮影用に、
愛車のコルベットを貸してほしいと頼まれ、
その撮影中にモデルとカメラマンが死亡する事故が起きる。
騒然とする現場の中、モデルの美縞絵里を送って行くように頼まれ、
自分の愛車に乗ってくれた美縞絵里への愛を膨らませ、ストーカー行為に発展していく。

 

うまい事書けませんが、こんな始まりです(^-^;

倒叙系小説のラバーソウルですが、少し変わっていると思ったのが、
鈴木誠への警察の取り調べや、被害者、その関係者への事情聴取の形で
物語の多くを進めていくことでした。

この後、多少ネタバレするので、ラバーソウルを読もうと思う方は見ない方がいいです。

 

美縞絵里を見守ることに生きがいを感じ、以降はどんどんエスカレート。
彼女を守るためと、彼女に近付く男を排除するために殺人を犯すことになります。

最初の犠牲者は、撮影中の事故で犠牲になった、
美縞絵里の親友であるモデルのモニカの恋人で、モニカと同棲していた遠藤裕太。
遠藤裕太を殺害した後、モニカの携帯電話を持ち出し、
証拠が残らないように部屋に火をつけ逃走。

その後、モニカの携帯電話から美縞絵里への無言電話、
美縞絵里が住むマンションの前に部屋を借りて盗撮、
ゲームの懸賞を偽装して送ったプレゼントには盗聴器。
さらにモデル事務所の男性スタッフを殺害し、エスカレートするストーカーぶりに
精神的にどんどん弱っていく美縞絵里。

最終的に留守中の美縞絵里の部屋に忍び込み、
自宅に戻った美縞絵里を待ち受けるストーカー。

狂気のストーカーから逃げようとする美縞絵里の体当たり(?)のはずみで
持っていた包丁が胸に刺さり、自身でマンションから飛び降り死亡・・・

 

ここを読んだ時点で「ありゃ?」。
警察の取り調べを受ける鈴木誠のやり取りは何だったんだ?

ラバーソウルの残りページわずか・・・
そこには、前提を全てひっくり返す結末がありました。
(全ネタバレをしないところが我ながら・・・)

同じストーカーの話で、『恐怖』だったRIKAとは違い、
ラバーソウルは『生理的に気持ち悪い』の感じなので、
自分が読みたかった怖さはなかったけれど、面白い小説でした。

恐怖のRIKAのレビューはこちら(↓)
恐ろしすぎるホラーサスペンス小説「リカ」
ホラーサスペンス大賞「リカ」の続編小説「リターン」を読んで

【前後の記事】
«
 
»
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です