あぼかどブログ > 本・小説 > 直木賞を受賞した小説「まほろ駅前多田便利軒」読んでみて

直木賞を受賞した小説「まほろ駅前多田便利軒」読んでみて

この本面白くないから要らなかったら捨ててと、ある小説をもらいました。
まほろ駅前多田便利軒
その小説は「まほろ駅前多田便利軒」。
第135回の直木賞を受賞した小説らしいです。

友人曰く「何が言いたいのかわからない」「読み終わった後に何も残らない」
小説だったとのこと。
せっかくもらったので読んでみました。

直木賞受賞小説「まほろ駅前多田便利軒」

~あらすじ~(wikiより拝借)
まほろ市の駅前に位置する便利屋「多田便利軒」。
その経営者である多田啓介、そして彼の元へ転がり込んできた行天春彦。
二人の下へ舞い込んでくる、どこか奇妙できな臭い依頼に係わっていくうちに、
さまざまな人間模様が見えていく。痛快便利屋物語。


って説明です。
以下、読んでみたレビュー。

題材を抜粋すると

◆お婆ちゃんの話し相手
◆預け逃げされた犬の飼い主探し
◆バスの間引き運転の調査
◆小学生の塾の送り迎え
◆クスリ
◆殺人事件に関連した巻き込まれ

など。
題材はステップアップしていく感じだけど、
話が盛り上がっていくのかと思ったら解決、次の依頼の流れで、
イマイチ早く続きを読みたい!って感じにはなりませんでした。

読み終えて・・・

歯切れの悪いドラマを見ると「ウワッ!」とか「エーッ!」と思ったりしますが、
まほろ駅前多田便利軒を読み終えた瞬間に思ったのは「ダッ!」。
・・・大した意味はありません。単純にそう思いました。

面白くないと聞いて読み始めたせいか、思ってたよりは良かったの印象。
ただ、友人が言わんとすることもわかるかも。

ついでに・・・

映像化しやすそうな小説だと思いながら読んでいましたが、
やっぱりというか、既にドラマ&映画化されていました。
全く知らなかった。

映画「まほろ駅前多田便利軒」予告編


主演は 瑛太さんと松田龍平さんらしい。

この記事を書く前に「まほろ駅前番外地」の第1話を動画で見てみました。
映像で見た方が完全に面白いです。

ドラマの再放送や映画がテレビで放送されたら・・・見るだろうなぁ。

直木賞について調べてみる

私的意見ですが「まほろ駅前多田便利軒」って賞を取れるほどの作品かな?
と思ったのは本音。
最近の直木賞受賞作品を調べてみると

◆愛の領分
◆まほろ駅前多田便利軒
◆私の男
◆利休にたずねよ
◆花まんま
◆空中ブランコ
◆対岸の彼女
◆あかね空
◆星々の舟
◆廃墟に乞う
◆プラナリア

1冊も読んだことがな~い。
まほろ駅前多田便利軒が初めて。
直木賞ってどんな選考基準なんでしょ?

【前後の記事】
«
 
»
 

2 thoughts on “直木賞を受賞した小説「まほろ駅前多田便利軒」読んでみて

  1. こんにちは(^^)
    ご無沙汰してます☆

    まほろ駅前番外地大好きなんです~♪
    ちょくちょくDVD引っ張り出して繰り返し見てるドラマのひとつですね

    特に行天のダメ加減と、多田と行天の仲の良さがもうたまらんです(・∀・)

    松田龍平の芝居うますぎ (゚д゚)ウマー

    • コメントありがとうございます。
      ドラマ見てたんですね~

      個人的に原作読んでる最中の行天は、「お金がない」に出てた時の高杉亘さんをイメージしてました。
      高杉亘

      なので松田龍平知った瞬間は「ありゃっ?イメージが違う」って思いました。

ueowao へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です